【感想】機動戦士ガンダム THE ORIGIN 「V 激突 ルウム会戦」「VI 誕生 赤い彗星」

安彦ガンダム第5話と6話、続けてアマゾンプライムで視聴しました。

これまでの過去4作はアニマックスで視聴していたんですが。

【感想】機動戦士ガンダム THE ORIGIN I「青い瞳のキャスバル」
https://kazefukukoya.seesaa.net/article/201511article_14.html
【感想】機動戦士ガンダム THE ORIGIN II「哀しみのアルテイシア」
https://kazefukukoya.seesaa.net/article/201605article_15.html
【感想】機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅲ「暁の蜂起」
https://kazefukukoya.seesaa.net/article/201611article_8.html
【感想】機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV「運命の前夜」
https://kazefukukoya.seesaa.net/article/201709article_3.html

この前、Amazonプライムに一ヶ月だけ加入したんですがここで配信されてたのでこれはいいと続きを見ることに。

・V「激突 ルウム会戦」

さて今回の話は悪名高いコロニー落としからルウム戦役の開始まで。シャアはあまり出番がありませんでしたね。しかし改めてコロニー落としを見てるととてもじゃないがジオンを好きにはなれないなあ。地球の半分が死んだってほんとに笑えない。ランバ・ラルはこの作戦には参加してなかったんですねー。まあだからといってコロニーでの虐殺がなかったことになるわけではありませんが。しかしこの出来事は始まりに過ぎないというのが恐ろしい。
終盤にはルウム戦役が。シャアが専用ザクで連邦の艦隊へと飛び込んでいくシーンで終了。ここからシャアの伝説が始まるというわけですね。

・VI「誕生 赤い彗星」

まさにファーストガンダム前夜という物語。ルウム会戦がジオンの圧勝に終わり連邦のレビルは捕虜に。しかしキシリアらの意向で脱出。有名な「ジオンに兵なし」の演説が行われることなったんですねー。このへんをしっかり描かれたのは面白かった。最後はホワイトベースに乗って戦うことになるアムロたちの姿が描かれて完結。ファーストガンダムへとつながっていくわけですね。この先作るのかどうか決まってるかはわかりませんがやるならここからはアムロが主人公になるのかな。いずれは見てみたいですね。


というわけで「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」6話全て視聴することができました!




機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星 [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2018-07-13

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック