【感想】宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 15~18話

地上波で放映された15~18話を視聴しました。

これまでの1~14話までは劇場やレンタルで観たわけですが。

【感想】宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章 嚆矢篇
https://kazefukukoya.seesaa.net/article/201702article_27.html
【感想】宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章 発進篇
https://kazefukukoya.seesaa.net/article/201706article_17.html
【感想】宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章 純愛篇
https://kazefukukoya.seesaa.net/article/201710article_13.html
【感想】宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第四章 天命篇
https://kazefukukoya.seesaa.net/article/201805article_8.html

地上波で放映も開始したので第五章にあたる15~18話を視聴しましたよ。

まずテレサですがあんなに巨大とは思わなかった(笑)。集合精神みたいな存在だからやはり人間とは違うんですね。それとキーマンの正体もようやく判明。デスラーの亡き兄の息子だったという。もう一人の「デスラー」だったんですね。そしてデスラーは2199の最後でやらかした一件は実は滅びかけているガミラスを救うための行為だったと判明。
序盤で地球に残った新見や桐生といった女性クルーたちもようやく登場。ここからは活躍するかな。やはり彼女たちがいなくなるとちょっと華やかさに欠けて残念でしたからね。

ガトランティスの白色彗星がついに太陽系に到達。とんでもない巨大さで旧作をはるかにしのぐスケールですね。強さもあれほどの絶望感があるかはまだわかりませんが地球艦隊の波動砲一斉発射もものともしない強さ。
さらにヤマトは息子を救う薬を手に入れるために悪魔の取引をしてしまった加藤の裏切りによって波動エンジンがストップ、白色彗星に飲み込まれていくことに。

残る8話でどんな物語を描くのか。クライマックスは近いですね。

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 5 [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2018-06-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック