【サッカー】いよいよ明日は運命のコロンビア戦。日本のサッカー史にどんな1ページを記すのか。

グループリーグ突破を賭けた大一番。果たしてサッカーの女神は微笑むか。

南アフリカ大会から4年かけて戦ってきた日本代表の総決算。明日のコロンビア戦がラストマッチになるのか、それともわずかな可能性をクリアして決勝トーナメントに進むのか。
同じ時間に行われるコートジボワール×ギリシャの試合でコートジボワールが勝てば日本がコロンビア相手にどれだけ大差で勝とうが終了。ギリシャが勝つか引き分けという条件を満たして初めてあとは得失点差や総得点の勝負に持ち込めるという状況。

今回の大会は南米での大会ということもあって開幕前から「惨敗」を予想していましたがこのままだと残念ながら当たりそう。とはいえドイツ大会よりは可能性ははるかにあるはず。相手はブラジルではなくコロンビアなんですからね。相手も警告や負傷者を増やしたくはないはずですし付け入る隙は必ずある。問題は「付け入るためのゲームプラン」をきちんと立てられるかどうか、意思統一が出来るかどうかですが。僕がコロンビアの監督なら日本が序盤から積極的に攻勢を仕掛けてくると予想してそれをいなすよう指示しますが、果たしてザッケローニはどうするか。

個人的に一番今の代表の選手たちに期待したいのは、「4年前のあの姿」を思い出して欲しいということですね。いまだにあの時のサッカーを否定するような発言を選手たちがしているのはさびしい気がしますが、個人的にはあれほど胸を熱くしてくれたW杯日本代表チームは過去にはなかった。あの自分たちの弱さを認めて死に物狂いで可能性に賭けたひたむきさをもう一度見せて欲しい。同じ選手たちが何人も残っているのだから。

明日はいつもより出かける時間は遅れますが最後まで日本の戦いを見届けるつもりです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック