【PS3】NINJA GAIDEN Σ2 超忍への道 #12

○chapter 12 「密林の黙示録」

 一年前の戦いの記憶を記録するシリーズ第12弾です。
 まずはもちろん武器強化。ここでは硬殻猛禽爪をMAXにしました。やはり今後の戦いを考えるとこの武器の飯綱に頼ることになりますしねー。

 さて、1ランク下の難易度の悟りの道ではこのあたりから非常に攻略が楽になったという記憶があります。武器も強化されてHPなどのステータスも上がり、忍法もあるていど連発できるようになった、という状況ですからね。終わってみれば「悟りの道で苦しかったのは序盤だけだったなあ」という気がします。

 しかし! 超忍ではここからも変わらず苦しかった(笑)。
 ここではのっけから湖の集落で機甲忍者たちとの戦いになるんですが、こいつらのロケラン攻撃が冗談じゃなくきつい!
まさかこんなところで先に進めず苦労するとは思いませんでしたねー。なにしろダメージが半端じゃないのであっというまにボコボコに(笑)。ここを抜けるのにはほんと時間がかかりました。
 そこから先もスプリガンにもいらつかされました。遠距離攻撃がなにげにやっかいで。数で攻めてこられるとほんとに難敵でしたねー。

 そしてここでのボスは黒龍!

 こいつもまた強い強い(笑)。とにかく強烈な攻撃ばかりで。慣れれば接近戦で戦えますが、僕は慎重にというか安全第一というか(笑)、エクリプスサイズの遠距離絶技で地道に削りました。怖いのは後ろ足だけで立ち上がるような仕草の後でやってくる火柱攻撃ですね。タイミングを理解すれば確実にかわせるんで、それを身体で覚えるまでにまた苦労しましたよ。
 エクリプスサイズがなかったらこいつはもっとしんどい相手だったろうなあ。

 次回はchapter 13 「生贄の魔宮」で。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック